分解不要!Apple マウスのボールを簡単に掃除する方法。

apple_mouse

photo credit: Mac Users Guide via photopin cc

発売から随分経ちましたが、まだ使っている人も多いと思われるApple マウス。

有線タイプは電池を内臓しないので軽く、とても使いやすいので僕自身も現役で使用していますが、このマウスの弱点はボールを外して掃除ができず、内部にホコリが溜まるとスクロールができなくなってしまうのが弱点。

簡単に解決する掃除方法はないかなぁと思って試した結果、

自宅にあるもので簡単に掃除できる方法がありました。

Apple マウスを分解せずにボール部分を掃除する方法

マウスを裏返しにしてコピー用紙にボール部分を少し強めに押し付けながらグリグリ動かす

たったこれだけOK。コピー用紙との摩擦でボールに付いた汗や油が取り除かれることで、内部のホコリ等を巻き取る力が大きくなり、マウス外に排出してくれます。

内部から消しゴムのかすのようなものが大量に排出されるときもあって、コピー用紙がホコリやゴミを巻き取る威力はハンパないです。

表面がツルツルとした光沢のあるものだとボールの汗や油が取れないので、

コピー用紙でなくても良いと思いますが、表面がザラザラしたものを使ってください。

Apple マウスを使っている方は騙されたと思って一度お試しあれ。両面テープを本体とボールの間に差し込んでホコリを取り除く方法とか、ネットで情報を探してはいろいろ試しましたが、これ一発で解決しますよ。

※紹介した方法での掃除については自己責任でお願いします。

超おすすめ! Logicool(ロジクール)のワイヤレスマウス M280の使用感をレビュー。
使っているマウスが古くなったので、ちょっと気分を変えて仕事をするためにも仕事用のWindowsで使っているマウスを買い換えました。 たくさんのブランドからいろんなマウスが出てる...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です