パックTシャツのおすすめブランドを比較!ヘインズやフルーツオブザルーム、ヘルスニットなどをレビュー。

hanes

photo credit: PetroleumJelliffe via photopin cc

無地のTシャツが2〜3枚セットになったパックTシャツが好きで、季節を問わずたくさん買います。

安くてシンプルでコーディネートしやすいのですが、ブランドによって生地感やサイズなどもさまざまで初めて買う時はどれを買ったら良いか悩んでしまうと思うので、ヘインズやフルーツオブザルームなど

パックTシャツの王道はこれでしょ!

と言えるブランドを紹介しつつ、サイズや生地感などを比較して紹介します。

パックTシャツの王道ブランド「ヘインズ(Hanes)」

1901年にアメリカでヘインズ兄弟により設立されたヘインズ。コットンのアンダーウェア製品がヒットしたあと、パックTシャツやサーマルカットソーなどコットンを使用した製品を販売。長年変わらない赤いロゴが象徴的で、今ではアパレル製品も幅広く展開しています。

無地のパックTシャツと言えばヘインズという方も多いのではないでしょうか?

ヘインズのパックTシャツは歌舞伎役者の市川海老蔵氏も愛用していることで有名ですが、自身のブログでヘインズを

ハネス

と書いて話題になりましたw。

たくさん販売されているパックTシャツの原点であり王道アイテムですね。ヘインズのパックTシャツには赤、青、ゴールドの3種類があって、

  • 赤:コットン100%(洗濯による縮みとヘタりが出やすいがヘインズと言えばコレ)
  • 青:コットンとポリエステルの混紡生地(縮みはほどんどなくヘタりにくい)
  • ゴールド:防縮加工を施したコットン100%生地(縮まないがヘタりは出る)

という特徴があります(自分調べ)。

アメリカのブランドですが、最近は日本人の体型に合わせてサイズ感をスリムに調整した日本企画のJAPAN FIT(ジャパンフィット)が発売されていたり、SupremeやStussyなど世界的に有名なストリートブランドの別注品もあり、コレクターズアイテムとしての価値も高くなっています。

ヘインズのパックTシャツはブランドタグを首元に熱転写でプリントしてあるので、縫い付けるタイプのブランドタグのように邪魔にならず、着心地の良さを高めてあるのもポイント。

また、脇下に縫い目のない丸胴ボディを採用しているので着心地も抜群。インナーとして着ても重ね着特有のゴワつきがなく快適に着用できます。

身幅は普通ですが着丈がやや長いのが特徴。Mサイズのノンウォッシュ状態で

  • 着丈:72cm
  • 肩幅:45cm
  • 身幅:50cm
  • 袖丈:21cm

ほどで、水で洗濯すると生地の目が詰まって各部が1cmぐらい縮む感じです。

僕は178cm、68kgの普通体型でMサイズを着用中。大きくもなく小さくもないジャストサイズなので、一枚で着てもいいし、インナーとしてもちょうど良いサイズ感です。

とりあえずパックTシャツを買ってみたいけど、ブランドがたくさんあってどれを買ったらいいか分からないという方にはヘインズがおすすめです。

パックTシャツの老舗ブランド「フルーツオブザルーム(FRUIT OF THE LOOM)」

1871年、アメリカ・ケンタッキー州で誕生したフルーツオブザルーム。歴史や知名度ではヘインズと双璧をなすアメリカの老舗ブランドです。

ブランド名の通り、フルーツのロゴが印象的なのでなんとなく知ってるという方も多いと思いますし、最近ではドンキホーテでも取り扱っていると聞いたことがあるので、知名度はかなり高いと思います。

ヘインズはアンダーウェア的な要素が強いですが、フルーツ オブ ザ ルームは生地が厚めでしっかりとしているので一枚で着るならヘインズよりもフルーツ オブ ザ ルームのほうがおすすめ。

身幅と着丈のバランスがよく、Mサイズのノンウォッシュ状態では

  • 着丈:73cm
  • 肩幅:46cm
  • 身幅:52cm
  • 袖丈:22cm

で、ヘインズよりも若干ゆったりめのシルエットになっており、個人的にも一番のお気に入りでブランドです。

フルーツオブザルームはアメリカ製のコットンを使ってアメリカで生産されていて、Tシャツ以外にもタンクトップ、ボーダーTシャツなど種類が豊富です。

無地の2パックや4パックの他にボーダーTシャツと無地Tシャツのセットやインディゴ染めのものなど豊富なバリエーションも魅力。

生地もしっかりしていてガンガン着て洗濯しても全然ヘタレることはないので、1枚での着用とインナー用にパックTシャツが欲しい場合はフルーツオブザルームがおすすめです。

ヘンリーネックでお馴染みのヘルスニット(Healthknit)のパックTシャツ

1900年代初頭に登場したアンダーウェアブランドの「ヘルスニット(Healthknit)」。胸元の3つボタンが特徴的なヘンリーネックTシャツやスウェットでも有名なブランドです。

ヴィンテージのスウェットが高値で取引されるなど、古着が好きな方にはメジャーな存在ですが、実はクオリティの高いパックTシャツも販売しています。

生地感はヘインズやフルーツオブザルームと比較するとさらっとしており、蒸し暑い時はとても着心地が良いのが特徴。シルエットは身幅がやや広くてゆったりしたシルエットです。

Mサイズのノンウォッシュ状態だと各部のサイズは以下の通りです。

  • 着丈:71cm
  • 肩幅:45cm
  • 身幅:55cm
  • 袖丈:22cm

厳選された原料から紡績し、縫製までを厳しい管理下の元で一貫した生産を続けているのと、ヘインズと同様に脇に継ぎ目のない丸胴ボディで耐久性と着心地の両方を兼ね備えています。

Vネックの空き具合も絶妙なので、クルーネックが欲しい時はヘインズやフルーツオブザルーム、Vネックはヘルスニットを買っています。

アメリカ海兵隊も採用するスポーツブランド「ヴェルバ シーン(Velva Sheen)」のパックTシャツ

1932年にアメリカ・オハイオ州で創業したベルバシーン。品質への信頼が高くアメリカ海兵隊へも供給されていることでも有名です。

ベルバシーンの特徴はザラッとしつつも肌さわりの良い無骨な生地感と両サイドに縫い目がない丸胴のチューブ編みボディ、そして4本針を使用した昔ながらの製法。

アメカジ好きも納得の生地感と体に馴染むシルエットでとても着やすのと、パックTシャツには珍しくグレーが発売されているので、1枚でデニムと軍パンなどとのコーディネートも抜群に相性が良いです。

ノンウォッシュ状態のMサイズは以下のような寸法です。個体差があるのかもしれませんが、他のブランドと比べると着丈が若干短く、身幅が広めのボックスタイプのシルエットという印象があります。

  • 着丈:70cm
  • 肩幅:46cm
  • 身幅:56cm
  • 袖丈:22cm

また、ポケットTシャツはタバコの箱がギリギリ入るくらいの小さめのポケットが付けられていて、こちらもコーディネートのアクセントになりますね。

ベルバシーンのパックTシャツはインナー用というより1枚で着るほうが良いと思うので、ヘインズやフルーツオブザルームのパックTシャツを持っている方は1枚での着用用にベルバシーンを買うことをおすすめします。

ワークウェアブランドのレッドキャップ(REDKAP)のパックTシャツ

REDKAP パックTシャツ

1923年にアメリカ・テネシー州で創業した、赤い帽子のアイコンでお馴染みの「レッドキャップ(REDKAP)」。ワークウェアブランドとしてはディッキーズ(Dickies)と並んで老舗中の老舗ブランドです。

ベルバシーンと同様にミリタリーウェアを手掛けたこともあり、タフなアイテム作りには定評があります。

また、レッドキャップのパックTシャツは薄すぎず厚すぎない生地感で肌が透けないので1枚で着ても良し、インナーにしても良しの万能性が特徴。

洗えば洗うほど風合いが増すので、ガンガン洗って繰り返し着たくなる、そんなパックTシャツです。

フルーツオブザルームに近いサイズ感なので、フルーツオブザルームを着ている人なら抵抗なく着用できると思います。Mサイズの寸法は以下の通りです。

  • 着丈:73cm
  • 肩幅:44cm
  • 身幅:53cm
  • 袖丈:21cm

アメリカ最古のメンズブランド、ブルックスブラザーズのパックTシャツ

1818年にアメリカで創業された世界最古の紳士服販売店。現在ではメンズのほかにレディースや子供服なども手掛けていて、ラルフ・ローレンと並んでアメリカン・クラシック・スタイルを象徴するブランドです。

リンカーン、ケネディ、オバマなど歴代の大統領がご指名で着用したことでも有名ですね。

ブルックスブラザーズのパックTシャツは最高級綿であるスーピマコットンが使用されていて、しなやかさで柔らかさがあり、サラッとした肌触りが特徴。

綺麗なシルエットと肌さわりの良い素材が相まって非常に高級感があるパックTシャツとなっていて、カジュアルなコーディネートはもちろん、スラックスなど綺麗めなパンツとの相性も抜群。

カジュアルだけどちゃんとしたコーディネートをしたい

という場合に最適です。

Mサイズの寸法は以下の通りで、カジュアルに着用する時は少し大きめ、綺麗めなコーディネートの時はジャストサイズで使い分けると良いと思います。

着丈:74cm
肩幅:45cm
身幅:53cm
袖丈:20cm

世界トップのデニムブランド、リーバイスのパックTシャツ

リーバイス パックTシャツ

via JOE

1853年にリーヴァイ・ストラウスがアメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコで創業したリーバイス。ジーンズ(デニムパンツ)の歴史を作ってきたブランドです。

1848年以降のゴールドラッシュに労働者向けの作業着としてキャンバス地のワークパンツを製作したことからリーバイスの歴史は始まり、ジーンズの大定番であり今なお販売され続けている『リーバイス 501』を生み出した、知らない人はいない世界トップのデニムブランドです。

リーバイスのパックTシャツは薄手でやわらかく、やや伸縮性のあるコットン100%生地を使用。襟ぐりのリブが細めなので重ね着してもトップスに響かないのが特徴。

Mサイズの寸法は以下の通りです。サイズ感がコンパクトなので、インナーに着るTシャツにもこだわりたい!という方におすすめです。

着丈:69cm
肩幅:42cm
身幅:49cm
袖丈:19cm

まずはヘインズやフルーツオブザルームのパックTシャツの購入がおすすめ

ここ数年は「ノームコアスタイル」がトレンドになっていることもあり、白や杢グレーのTシャツが多くのブランドから発売されているので、紹介したブランド以外にも選択肢が広く買いやすくなっています。

一枚で着る時とインナーにする時でサイズ感は違ってくるので、まずは王道のヘインズやフルーツオブザルームを買ってみたあと、追加でいろんなブランドのパックTシャツを比較して買い揃えて使い分けるのがおすすめ。

言わずもがなですが、コットン100%のものは洗濯すると縮むのでサイズ選びには注意しましょう。

パックTシャツだとコーディネートがシンプルになり過ぎるという方は無地のポケットTシャツもおすすめですね。

サイズ感が大事!安くて素材の良い無地ポケットTシャツのおすすめブランド5選。
夏も間近に迫ってきたのでTシャツ1枚で過ごす時間が増えました。 以前ご紹介したHanes(ヘインズ)やFRUIT OF THE LOOM(フルーツオブザルーム)などのパックTシ...

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です