おすすめ!PCデスク上で各種ケーブルを固定する便利アイテムまとめ。

MacBook

photo credit: Thomas Brasington via photopin cc

いつも快適に作業するためにデスク周りはすっきりと整理しておきたいですよね。参考書や周辺機器などは整理が簡単なんですが、一番苦労するのが抜き差しの多いPCの電源ケーブルやiPhone/iPadのLightningケーブルなどの各種ケーブル類。

ケーブルを抜き差しする度にホコリまみれのデスクの裏側や床にケーブルを落としてしまって、拾い上げる作業にイラッとした

という経験は誰もがあるはず。

使用する周辺機器が増えれば増えるほどデスク上のケーブルも増えるのでスマートに固定・収納する便利なアイテムを紹介します。

デスクサイドもOK。両面テープで固定するケーブルキャッチャー Bluelounge CableDrop

Bluelounge CableDrop

指でケーブルを摘んだようなシンプルなデザインがポイント。両面テープで固定するタイプなので机の上はもちろん、デスクの側面など設置場所を選ばないのも特徴です。カラーバリエーションが豊富でデスクを可愛くポップにしたい場合はこれが良さそう。6個セットなのでお得感あります。

デスクに置いた重石でケーブルを固定するウエイト Bluelounge Sumo(スモウ)

Bluelounge Sumo(スモウ)

Sumoというネーミングから連想する通り、ケーブル版のペーパーウェイトとも言えるアイテム。本体に適度な重量感があるので裏側を通したケーブルを引っ張りだしても位置がずれません。iPhoneやiPadのケーブルなど抜き差しの多いデバイスに最適です。僕はこれを使っています。

両面テープなしでデスクに吸着するケーブルキャッチャーのDotz Cord Catcher

Dotz Cord Catcher

最大4本までキャッチ可能。本体裏面がデスクに吸着するようになっていて適度な重さがあるので両面テープなしで固定可能。吸着力が弱くなったら水洗いして乾燥させれば繰り返し使用可能なので経済的です。

ケーブルは本体にしっかりと固定されるのでケーブルを引っ張り出して使うと本体がデスクから外れてしまうこともあるようですが、一定の長さを出して固定する用途には最適です。ビビッドなカラーリングはデスクの上でワンポイントになりますね。

スチール製のデスクに最適。本体にマグネットを内臓したケーブルホルダー 文鎮 bunchin UCCB-BC1

ケーブルホルダー 文鎮 bunchin UCCB-BC1

ホルダーが真ん中から2つに割れてケーブルの取り出しができるのと本体にマグネットが付いているのでスチール製のデスクならそのままマグネットで固定することが可能。マグネットが付いているものは意外とないし、固定位置を頻繁に変更したりケーブルを机の裏側などに隠す際もマグネット式が重宝します。

最大6本のケーブルをひとまとめに固定できるCordies Mini(コーディーズ・ミニ)

Cordies Mini(コーディーズ・ミニ)

こぶしのようなデザインで愛嬌があります。USBコード、電源ケーブル、オーディオケーブルなど、直径6mmまでのケーブルをしっかりとホールド。たくさんのケーブルを散乱させずに1つのホルダーで固定したい場合はコレですね。こちらも適度な重さがあります。

コネクタ部分の金属をマグネットで固定 MOS Sewell(シュウェル) マグネティック・オーガナイゼーション・システム

MOS Sewell(シュウェル)

金属になっているケーブルのコネクタ部分を磁石でくっつけて固定するという新しい発想のケーブル固定ツール。磁石に吸着しないコードは3個付属しているカラークリップを使えば吸着させることができて便利。宇宙船のような丸みを帯びた三角形のデザインも近未来的で良いです。

各種ケーブル類は思っている以上にデリケートなので落下によってコネクタ部分が損傷したり、踏んで断線させないためにデスク上にしっかりと固定しておいたほうがよいです。

デスク上がなんか煩雑になるんだよなぁ

と困っている方はぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です