コツコツ続けよう!6年間ランニングを継続して体に現れた4つの変化。

running_1

photo credit: HckySo via photopin cc

本格的にランニングを始めて6年になります。学生時代はずっと運動部だったので体を動かすこと自体は好きですが、定期的な運動を行っていなかったので単なる趣味としてランニングを継続することで自分の体に現れた変化を紹介します。

ランニングをコツコツ継続してリバウンドしないダイエットに成功した

slim-body

photo credit: Renaud Camus via photopin cc

体重を落とすことが目的でランニングを始めたわけではないのですが、

トータルで6kgぐらいのダイエットになりました。

週3回/1回6kmのランニングでも1ヶ月でかなりのカロリー消費になるので自然と体重も減少していきます。食事の量と内容を調整すればさらに早いスピードで体重を落とせるし、ランニングによって下半身を中心に全身にバランスよく筋肉が付くので、

基礎代謝がアップして落とした体重はもとに戻りづらく全くリバウンドする気配がありません。

宣伝カーをガンガン走らせているRIZAPみたいに短期間で10kg減らすぞ!みたいなハードなものはそれなりの食事制限も必要だと思うので、2ヶ月ぐらいで無理せず2~3kg減らしたい場合はランニング(ウォーキング)などの有酸素運動+食事調整で健康的にクリアできます。

6年間でたった6kgのダイエット?と思われるかも知れませんが、2リットルのペットボトル3本分ですよ。継続は力なりです。


継続してランニングすることで病気をしなくなった

sleep

photo credit: TheeErin via photopin cc

もともと大きな病気や入院をしたことがない健康体ですが、運動すると一時的に体温が上がるからかここ数年は風邪も引かないし体調が悪くなったこともありません。朝起きた時の体の軽さや気分も全然違います。あとは、

「俺は定期的にランニングをしてるから健康なんだ」という催眠作用もあるような気がします。ありますよね、”病は気から”という言い伝え。

日々の生活は健康な体があってこそですよ。

ランニングはストレス発散になる。コツコツ継続しよう。

ストレス

photo credit: familymwr via photopin cc

好きな音楽を聴きながらのランニングは気持ちが良いし無心になれる。走りながら一人でじっくりと考え事もできるのでモヤモヤしたものが取れて心身ともにスッキリします。

仕事や家庭で何かあるとどうしてもストレスが溜まりがちになるので発散する機会を持つということはとても大事です。

常にイライラしていたり情緒不安定だとさらなるストレスを生むことになってしまうので、ストレスが負の連鎖にならないように定期的にランニングを継続して発散しましょう。

コツコツとランニングを継続することで達成感が得られる

finish

photo credit: familymwr via photopin cc

「今日も走り切った」という達成感が得られ、また走りたいという新たな欲求も生まれます。

小さな目標をコツコツと継続して達成していくことで肉体的/精神的に成長している自分を実感することが日々の刺激にもなります。

目標距離に達せずにランニングが終了すると「目標を達成できなかった」と落ち込み気味になるので

Nike+などのアプリでは目標距離を実際に走る距離より少し短く設定しておくと効果的に達成感を得ることができます。

ランニングを継続するコツと得られる変化

無理なランニングをしなければ体を壊すこともないし、肉体的・精神的にとても充実した生活を過ごすことができます。

ランニングブームで便利なガジェットやグッズが発売されているので、うまく活用してモチベーションを上げ、ランニングを楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です