ルイヴィトン直伝の詰め方!スーツケースやバッグに美しく荷物を収納する方法。

louisvitton_artofpacking

そろそろ夏休みやお盆休みで旅行に出たり実家に帰省する方も多いのではないでしょうか? スーツケースやバッグにたくさんの荷物を詰め込んで旅支度する段階で心が折れそうになることもありますが、ルイヴィトンが独自のパッキング術を30秒ほどの動画で伝授しています。

「ART OF PACKING(アート オブ パッキング)」と名づけられたムービーはアウターやジャケット、シャツ、そしてパンツのアイテム別に紹介されていて、単純明快で分かりやすく、

そして美しい。

スーツケースにかさばるアウターを効率よく収納する詰め方

今の時期は必要ないし1回の旅行に何着も持っていくこともないけど、

いざパッキングするとなると一番荷物になるのがアウター。

下手すると他のものがスーツケースに収まらなくなるのでコンパクトかつ丁寧な収納を心がけたいところ。

ルイヴィトンでは折り畳むときにパンツを抱き込むことで型崩れを防ぎつつ効率よくパッキングする方法を提案。

まさに一石二鳥な詰め方はさすがルイヴィトン。

型崩れしやすいジャケットの立体感を保つ詰め方

急にホテルのレストランで食事することになった…

そんな時に一着持っていると便利なジャケットは袖を背中側に畳んでラペルは折り返さず広げた状態に。バッグから出して着た時にジャケットがペタっとならない工夫ですね。

洋服は立体感が大事。

スーツケースの中でシワシワになりやすいシャツをビシッと保つ詰め方

「Tシャツはラフすぎるし、ジャケットじゃ暑い」という状況で重宝するシャツ。

こちらも襟は折り返さず広げた状態で2枚のシャツを重ねて収納。数日間の旅行だと2~3枚持っていくこともあるので、これはかなり参考になります。

パンツはクルクルと丸める詰め方で畳みシワを回避

パンツの中心で折ったら畳まずに

クルクルと丸めることで畳みシワが付きにくい状態をキープ。

生地が伸びやすい膝はきちんと畳むとシワが付きやすいし丸めてパッキングすることでスペースも節約。

詰め方を工夫すれば収納力もアップしパッキングした状態も美しい

いずれのアイテムもキッチリ折り畳むとバッグから出した時にシワになりやすいので他のアイテムをうまく使ったり、襟などの折り返し部分は広げて畳んだりと細かい工夫が垣間見れます。

そして何よりパッキングした状態が美しい。

旅行ではメインのバッグ以外に両手が空けられるリュックやトートバッグをサブバッグとして持っておくとお土産を入れたり増えた帰りの荷物を分散できるので便利です。

 あと、ルイヴィトンをチラつかせて自慢したいのは分かるんですけど、長財布をパンツのバックポケットに入れるのは

盗んでください。

と言ってるようなものなので絶対に止めましょう。盗まれたら楽しい旅行が台無しになりますよ。

旅行に持っていくカメラはこれがおすすめです。

ブログ用にも!価格も手頃なCanon PowerShot G7Xをレビュー
久しぶりにデジカメを買い替えました。日常的な撮影はiPhoneで十分なんですが、旅行に行った時とか気軽に綺麗な写真を撮りたいなって思った時にすぐに使えるものが欲しくていろいろと物色し...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です