無料で「apple virus detection services supportfix solutions」ウィルスを完全に駆除する方法。

apple-virus-detection-services.supportfix.solutions ウィルス

Photo credit: duncan on Visual hunt / CC BY-NC

 
先日、愛用しているMacのChromeを立ち上げたら「apple virus detection services supportfix solutions」というページが表示されました。
 
なんだこれ?と思い、ググってみたら
 
ウィルス感染…。
 
ネットで検索してもこのウィルスを除去する方法が見当たらなかったのですが、なんとか駆除できたので感染してしまった人のためにこのウィルスを無料で完全に駆除する方法を教えます。
 
 

無料で駆除できた「apple virus detection services supportfix solutions」ってどんなウィルス?

 
日本語の情報がほとんどないので感染するとどんな影響が出るのか不明ですが、Chromeでは下の画像のようなページが表示されました。
 
apple-virus-detection-services.supportfix.solutions ウィルス

via https://www.securemacos.com/

 
あなたのMacがウィルスに感染しましたよ
 
というメッセージとともに、Proceed(次に進む)ボタンが表示されていますが、
 
僕は怖くてProceedボタンは押せてません。
 
このボタンの先にどんなことが待っているのかは不明です。

正体不明のウィルス「apple virus detection services supportfix solutions」に感染するとどんな影響が出る?

apple-virus-detection-services.supportfix.solutions ウィルス

Photo credit: Chapendra on VisualHunt / CC BY-NC

 
このウィルスを駆除する方法が分からなかったのと、忙しくて2〜3日の間は感染したまま使っていましたが特に自覚する症状はありませんでした。
 
気づかないところで何か情報を抜かれたのかも知れませんが(汗)
 
ウィルスに感染したままだと気持ち悪いし、連絡先などの大事な情報に何かあったら相手にも迷惑をかけるので、このウィルスを駆除する方法をググってみましたが、
 
英語の情報が多くてよく分からない…。
 
英語が分からないなりに読み解いてみると、システムフォルダの奥深くにあるウィルスファイルを手動で削除したあと、safariの環境設定からプロファイルを削除し、その後に実施する作業が5つほど書いてありましたが、
 
safariはなんともなくてChromeが変なんだよな…。
 
と思いつつ、再びこのウィルスを駆除する方法を模索していたところ、ある方法で完全に駆除することに成功。

apple virus detection services supportfix solutionsウィルスを無料で完全に駆除する方法

apple-virus-detection-services.supportfix.solutions ウィルス除去

Photo credit: Beegee49 on Visualhunt / CC BY-ND

 
ものは試しにと以前お試しでインストールしてみた「Malwarebytes」という無料のウィルス検知・駆除ソフトがあったので起動してみたところ、
 
見事にウィルスファイルを検知、無料で完全駆除できました!
 
厳密にいうと「Malwarebytes」の無料トライアル版でapple virus detection services supportfix solutionsというウィルスを駆除できた、ということになります。
 
高価なウィルスソフトを買わなくてよかったのでラッキー。
 
それ以来、Malwarebytesはオンにしてウィルス感染を見張ってます。
 
 
Windows版もリリースされているので、Windowsでこのウィルスに感染してしまった方もぜひ試してみてください。
 
駆除できたとはいえ、無料ソフトなのでいつ消滅するか分からないし、毎日生まれる最新のウィルスに対応できていない場合もあると思うので、ウィルス感染が心配な方はウィルス対策ソフトを買ってインストールしておきましょう。
 

無料で駆除できたapple virus detection services supportfix solutionsに感染した理由

 
一ヶ月ほど前に仕事関連の諸事情でMacのファイアーウォールを切って使っていたのですが、その仕事が終わった後もファイアーウォールが切りっぱなしになっていたことが原因じゃないかと思います。
 
ファイアーウォールをオンにしておくのってとても大事。
 
いやぁ、本当に大事です。

Macのファイアーウォールをオンにする方法(無料です)

Mac 環境設定
 
アップルメニューからシステム環境設定を開き、「セキュリティーとプライバシー」を選択
 
Mac FireWall
 
ファイアーウォールタブを選択し、「ファイアーウォールをオンにする」をクリック
 
Mac FireWall
 
Mac FireWall
 
たったこれだけでファイアーウォールをオンにできて、apple virus detection services supportfix solutionsみたいなウィルスから大事なMacを守れます。
 
ファイアーウォールがオンになってない方は絶対にオンにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です