ネジが回らない!穴が潰れたネジを簡単に回す方法。

日曜大工とか機械いじりでネジを回そうとしてドライバーで何度もグリグリやっていると、ネジ穴が潰れてネジが回らなくなってしまうことってありますよね?

いわゆる「ネジをなめる」という状態で、焦ってドライバーで無理やり回そうとすると余計にネジ山が潰れてしまいますが、

このネジが回らないと困る!

ということも多いと思いますので、どうやってもドライバーでは回らないネジ、ネジ穴はなめてないけど固着して回らなくなったネジを回す方法を紹介します。

ネジ穴とドライバーの間に平らな輪ゴムを挟んで回らないネジを回す

ネジ穴とドライバーの摩擦を大きくしてネジ穴が潰れたネジを回すという方法です。きしめん状の平たい輪ゴムを潰れたネジ穴とドライバーの間に挟み、ドライバーを押し込みながらゆっくり回すとネジを回して外すことができる可能性があります。

潰れたネジ穴の状態とドライバーとの相性があるようなので100%成功するとは限りませんが、家に平たい輪ゴムがあればすぐに実践できる一番手っ取り早い方法です。でも、

僕はこの方法で潰れたネジを回して外したことは1回しかありません…。

回らないネジに衝撃をと回転を与えて回す「メガドラインパクタ」

メガドラインパクタ

柄をハンマーで叩くと刃先が12度回るドライバー「メガドラインパクタ」。衝撃でドライバーを食い込ませつつ回転を与えてネジを回すことができます。

ただし、ドライバーの先をネジ穴に食い込ませて回すという構造のため、ネジ穴が完全になくなってしまったネジには効果が期待できません。

ドライバーで回らないネジは「ネジザウルス」を使えば簡単に回せます

ドライバーではどうやっても回らないので、ラジオペンチでネジ頭を掴んで回そうとしてみたこともありますが

潰れたネジは回りません。

なぜなら、ペンチの先はネジの回転方向と水平に溝が切られているのでネジ頭をガッチリ掴むことができずに空回りしてしまうんです。

そこで買ってみたのが株式会社エンジニアが販売している

ネジザウルス。

潰れた(なめた)ネジを回せるネジザウルス

ドライバーでは回らないネジを外すためだけに開発されたという特殊なペンチで、その強そうなネーミングからも

潰れたネジの頭をガッチリ掴んで回せそう

なことが連想できますよね。ラジオペンチと違ってネジ頭を掴む部分は縦に溝が切ってあって、ネジの回転方向に対して摩擦がかかり滑らないようになっているので、潰れたネジをいとも簡単に回して外すことができました。

潰れた(なめた)ネジを回せるネジザウルス

潰れた(なめた)ネジを回せるネジザウルス

さらに、ネジザウルスは小さな握力で大きなグリップ力が出るように工夫されているので、握力の小さい女性でも潰れたネジを回すことができます。

ネジ頭の大きい鍋ネジであればネジザウルスでほぼ確実に掴んで回せますし、皿ネジのようにネジ頭が少ししか出ていない場合でも想像以上にガッチリ掴めます。

潰れた(なめた)ネジを回せるネジザウルス

潰れたネジ穴のネジを回したい!
古くて固着したネジがどうしても回らない!

という場合はぜひ試してみてください。

僕はネジザウルスでネジ穴が潰れたネジを回せなかったことは一度もありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です