靴下ともコーデしやすい!2018年に買うべきおすすめのサンダルブランドを比較。

ゴールデンウィーク前からかなり暑くなったので、そろそろサンダルを履きたくなってきた方も多いのではないでしょうか。

まだ夏じゃないし、かと言ってそれなりに暑いので「いつからサンダルを履こうかな」、「まだサンダルを履くには早いかな」と躊躇しがちですが、ここ数年のトレンドでもあるサンダルに靴下を合わせるコーディネートにもばっちりハマる、2018年夏におすすめのサンダルブランドを紹介します。

靴下との定番コーデといえばメンズ、レディース問わず人気No.1のサンダルブランド「ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)」

BIRKENSTOCK

via ZOZO

これは絶対に外せないでしょう。もはやサンダルブランドの王様とも言うべきビルケンシュトック。ボストン、アリゾナ、ロンドン、チューリヒなど地名を商品名にしているのもユニークですね。

サンダルを履くのはまだちょっと早いかな?という時は靴下をコーディネートすることで「いかにもサンダルを履いてます」感を緩和することができるので、季節を問わず活躍します。

もともとが健康のブランドなだけに履きやすいし、メンズ、レディース問わず毎年人気のブランドですね。

スポーツサンダルにも靴下をコーデ。2018年も人気のストラップサンダルブランド「テバ(Teva)」

1984年にカリフォルニアで設立された「テバ(Teva)」。世界で初めてストラップ付きのスポーツサンダルを発表したブランドで、価格も安くシンプルなデザインで機能的なのが特徴。

1990年代に流行した後は長らく息を潜めていましたが、数年前からリバイバルし2018年もトレンド入りした人気のあるスポーツサンダルブランドです。

「テバ(Teva)」のフラッグシップモデル「オリジナルユニバーサル」

teva

via ZOZO

「オリジナルユニバーサル」は1984年に生み出されたTevaの伝説的モデルで、一時は廃盤となったもののリバイバルブームに乗って復刻。この形を見れば誰もがTevaと分かる特徴的なデザインでありながら

ボトムスを選ばない万能選手。

軽量かつ耐久性も高く、毎日履けるおしゃれなデイリーユースアイテムで

これに靴下をコーデするのがシティボーイ。

白い靴下との相性も抜群!「オリジナルユニバーサル」に次ぐ代名詞モデル「ハリケーン」

teva HURRICANE

via ZOZO

Hurricane XLT(ハリケーン XLT)は3点で足をホールドするユニバーサルストラップシステムと軽量でクッション性の高いEVAインソールでアウトドアからタウンユースまで幅広く活躍してくれること間違いなし。

コーディネートに差をつけるには白い靴下との組み合わせがおすすめ。

今週末の5月26日(土)にはPORTERとコレボレーションしたハリケーン XLT2が発売されるなど、今注目株のモデルでもあります。

白い靴下にプラスして白いTシャツなんかを合わせるシティボーイなコーディネートもおすすめですね。

おしゃれメンズは靴下とコーデ。定番のスポーツサンダルブランド「mont-bell(モンベル)」

日本が誇るアウトドアブランドのモンベル(mont-bell)。1975年の創業以来“機能美”と“軽量&迅速”にこだわりつつ、最近はソックスを着用したままでも脱ぎ履きができる「ソックオンサンダル」が注目株。

ロープのようなデザインのストラップはファッション性が高く、アウドドアファンだけではなく2018年はストリートファッション層からも人気ですね。

ソックオンサンダルの進化版!安くておしゃれで機能的なロックオンサンダル

mont-bell

via amazon

モンベルのサンダルといえばロックオンサンダル。靴下を着用したままでも履ける「ソックオンサンダル」に、かかとを固定するバックストラップを設けることで運動性を高めたモデル。

デザインもおしゃれだし、甲に直接当たる鼻緒には肌当たりがやさしい素材を使用していて履き心地も抜群です。

靴下とのコーデもアリ。2018年に1足は持っておきたい。ナイキやアディダスなどスポーツブランドの定番サンダル

NIKE

via amazon

ワールドカップイヤーの2018年に1足は持っておきたいのポーツブランドのサンダル。

カジュアルなスラックスやブラックで細身のダメージジーンズなんかに合わせることで今っぽく洗練されたコーディネートが可能。

もちろん、靴下とのコーデもアリ。

ワールドカップで代表選手が着用するユニフォームの公式サプライヤーのナイキやアディダスは押さえておきたいところです。

ということで、2018年に買うべきサンダルブランドをいくつか紹介しました。

サンダルは何と言っても安いし自宅で洗えたりとメンテナンスも楽なので、いろいろなブランドのものを何足か揃えて洋服や気分に合わせてコーディネートしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です