ZOROLOG(ゾロログ)

どこかの誰かの役に立つアイテムや情報をお届けするブログです。

*

ブログ用にも!価格も手頃なCanon PowerShot G7Xをレビュー

   2016.05.30  ガジェット

Canon PowerShot G7X

久しぶりにデジカメを買い替えました。日常的な撮影はiPhoneで十分なんですが、旅行に行った時とか気軽に綺麗な写真を撮りたいなって思った時にすぐに使えるものが欲しくていろいろと物色し、最終的にCanon PowerShot G7Xを購入したのでレビューしたいと思います。

Canon PowerShot G7Xのレビュー

Canon PowerShot G7Xは価格負けしないデザイン

Canon PowerShot G7X

カメラの性能とかにはあまり詳しくないので、

もっぱらデザインや基本的な機能で選ぶ派です。

Canon PowerShot G7Xはレトロ過ぎずモダン過ぎないデザインで「カメラを持ってる感」高いのがポイント。シャッターボタンやダイヤル部分の赤いラインは本当に綺麗で高級感があります。

ちなみに、よりレトロ感を求めるのであれば専用カスタムグリップ(革張りキット)がおすすめ。貼るだけでグリップ力も増すし一石二鳥です(画像は専用カスタムグリップを貼った状態)

この価格でこの高級感は他のカメラにはない魅力ですね。

Canon PowerShot G7Xは小ぶりで持ちやすいのでブログ用にも最適

camera

photo credit: Lucy via photopin (license)

とにかく使いやすい、持ちやすい。これに尽きます。

本体は絶妙なサイズ感で女性の手でも握りづらいということはなさそうです(嫁調べ)。

握った時にしっくりこないと使いづらくてそのうち使わなくなるので、この握った時の感触はとても大事。RICOHのGRも選択肢にあったんですが、Canon PowerShot G7Xのほうがコンパクトで握りやすかったです。

ブログ用として気軽に外に持ち出せるサイズ感ってなかなかないんですよね。

Canon PowerShot G7Xは一眼レフ並に綺麗に撮影できる

cloud

以前使っていたデジカメが2012年発売のものなので、それに比べるとこのサイズ感でこの画質は正直びっくり。プロのカメラマンもサブカメラとして使うこともあるというCanon PowerShot G7Xの画質はお墨付きですね。

掲載した画像は飛行機の中から撮影した雲の様子。オートで撮影しても簡単にこんな感じの綺麗な写真が撮れます。

本当に綺麗です。

Canon PowerShot G7Xは操作や設定が簡単

Canon PowerShot G7X

カメラを使う時に難しい操作を行うのは面倒なので、

パッと取り出してサッと撮影できるのはポイントが高いです。

逆に凝った撮影もできるようにマニュアルや各種撮影モードも搭載されているので様々な撮影シーンに対応できます。2段ダイヤルやディスプレイにタッチするだけでいろいろな設定がすぐに行えるのもCanon PowerShot G7Xの最大の特徴と言えます。

Wi-Fiを搭載したCanon PowerShot G7Xは写真の共有も簡単

powershot_4

最近のカメラだと基本機能になっているWi-FiがCanon PowerShot G7Xにも搭載されているので、撮影した写真をスマホへ転送したり、撮影する画面をスマホで見ながらシャッターを切るといったこともできるので、集合写真とか定点観測写真にも使えます。

スマホとの接続は本体の側面にあるボタンを押すだけのワンタッチなので難しい操作は必要なし。

まとめ

PowerShot G7Xはこんな人におすすめ。

  • カメラのことはよく分からないけど、簡単な操作で綺麗に撮れるカメラが欲しい
  • 一眼レフは持ち歩くのが大変だし操作が難しいから嫌だけど高画質を求めたい
  • カメラっぽいデザインが好き
  • 気軽に持ち出して気兼ねなくどんどん撮影したい

クリスマスや年末年始とこれからの季節はイベントや旅行が多くなるので、新しいカメラが欲しいなと思ってる人には絶対におすすめ。

価格も安いしコンデジを買うんだったら絶対にこれですよ!

Canon PowerShot G7X

Google Adsence

Google Adsence

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">