ZOROLOG

どこかの誰かの役に立つアイテムや情報をお届けするブログ。

Mac

買うならどっち?MacBook Pro RetinaディスプレイとMacBook Air 13インチ 2015年モデルを徹底比較。

2015年6月7日

Macbook

photo credit: RSS via photopin (license)

今使っているMacBook Pro 13インチ(Mid2012)を購入してからもうすぐで3年経つので買い替えを検討してます。少し前までは、

最近アップデートしたMacBook Air 13インチで決まりでしょ!

なんて思ってたんですが、少しの間触らせてもらったMacBook Pro 13インチ Retinaディスプレイモデルがめちゃくちゃ使いやすかったので、どうしようか迷ってきたというのが正直なところ。

ということで、MacBook Pro 13インチ RetinaディスプレイモデルとMacBook Air 13インチの2015年モデルを改めて比較してみたので、Macを買い換えようかなと思ってる人の参考になれば幸いです。

MacBook Pro 13インチ RetinaディスプレイモデルとMacBook Air 13インチの2015年モデルを比較

MacBook Air/Pro

大きさを比較するとRetinaディスプレイモデルのほうがコンパクトサイズ。でもMacBook Airのほうが軽い!

最大の高さは両モデルで大きな差はないんですが、MacBook Pro 13インチ RetinaディスプレイモデルがMacBook Air 13インチより幅で9mm、奥行きが0.8mm小さい。

片側4.5mmずつの差なんてたいしたことないでしょ?

と思うなかれ。使ってみると全然違うんですよ、これが。

重さはRetinaディスプレイモデルが1.58kg、MacBook Airが1.35kgと200g以上の差があるので持ち歩くんだったらMacBook Airのほうがいいですね。

  MacBook Pro Retina 13″ MacBook Air 13″
31.4 cm 32.5 cm
奥行き 21.9 cm 22.7 cm
高さ 1.8 cm 0.3~1.7 cm
重さ 1.58kg 1.35kg

同じ13.3インチでもRetinaディスプレイモデルのほうが画面が広く感じる

MacBook Pro Retina

Retinaディスプレイモデルはディスプレイ周りのベゼルが細くて黒いのと、前述のようにボディ自体のサイズがMacBook Air 13インチより小さいので、同じ13.3インチでもRetinaディスプレイモデルのほうが画面が広く感じるんですよね。

黒いベゼルのほうが締まりがあって個人的には好きです。

Retinaディスプレイモデルはメモリを16GBまで搭載可能

MacBook Pro Retina Retinaディスプレイモデルは最大16GBまでメモリを搭載できます。8GBでも十分といえば十分だけど、OSやアプリが専有するメモリもだんだん増えているので、

メモリは多ければ多いほどいいです。

Retina、Airともに購入後に自分でメモリの増設ができない「オンボオードメモリ」なので最低8GBを選択しつつ、予算的に余裕があれば16GBを選びたいところ。

買うならこれっていうスペックで価格を比較してみた

MacBook Air 13インチでストレージ256GBモデルのメモリを8GBに増やすとMacBook Pro Retinaディスプレイモデルのノーマルと同じ値段になるというのがポイント。

  MacBook Pro Retina 13″ MacBook Air 13″
CPU 2.7GHzデュアルコアIntel Core i5 1.6GHzデュアルコアIntel Core i5
メモリ 8GB 8GB
SSD 128GB 256GB
価格 ¥148,800 (税別) ¥148,800 (税別)
備考 カスタマイズなしのノーマル メモリを8GBに増設

 MacBook Airは換装用の内蔵SSDがそこそこ高いので、もう少し安く抑えたい場合はSDカードスロットを拡張するアイテムや外付けハードディスクを導入する前提で128GBモデルを選べばメモリを8GBに増やしても¥124,800と安く済みます。

まとめ

今考えている現実的なところだとMacBook Air 13インチで下記のスペックです。

  MacBook Air 13″
CPU 1.6GHzデュアルコアIntel Core i5
メモリ 8GB
SSD 128GB
価格 ¥124,800 (税別)
備考 メモリを8GBに増設

もうちょっと頑張ればノーマルのRetinaディスプレイモデルが買えるんですけど、

  • Retinaディスプレイも魅力だが、まだまだ対応してるウェブサイトが少ない
  • 合わせてAirMac Extremeとかの周辺機器も買い換えたい(予算的な都合)

というのがMacBook Air 13インチを選ぶ主な理由ですね。

6月8日から開催されるWWDC 2015でフルモデルチェンジした新しいMacBook Airが発表されるのであれば、デザインやスペックがリークされててもおかしくないので、そういう状況から察するとこのタイミングでの発表はなさそうかなと思いつつ、ちょっと期待してます。

あればいいなぁ、

One More Thing…

Google Adsense

Google Adsense

Mac


  1. k より:

    1.08kgと言えばairはairでも11inchのモデルでは?

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

USB3.0は非搭載。新しいAirMac Extremeを旧モデルと比較してみた。

先日のWWDCで発表された新しいAirMac Extreme。タワー型のデザインに変更となり、802.11acに対応して理論上は802.11nより3倍速くなったほか、新機種ならではの機能も搭載さ・・・
MacBook ?

新型!MacBook ProじゃなくてMacBook Air 13インチ Early 2015を買った理由。

ここ2ヶ月ぐらいの間、ずっと悩んでいたのがMacBook AirとProのどっちに買い換えるか。このブログでも2度ほど記事にして検証してきましたが、ついにこの問題に終止符を打ちました。 散々悩ん・・・
Mac メニューバー

隠されてる?Macのメニューバーの半透明を無効にする方法。

忙しくて自分のMacのメンテナンスができなかったんですが、OSをようやく「OS X Yosemite」にアップグレードしました。見た目がかなり変わってこれはこれで好きなんですけど、 ・・・

美しい!Nifty MiniDrive ProでMacBook Proに64GBの容量を追加してみた

今使っているMacBook Pro 13インチ(Mid2012)は標準で付いていた500GBのハードディスクを256GBのSSDに換装して使ってます。 SSDの容量的にはまだ余裕なんですがデ・・・

フリーコムのMobile Drive MgシリーズにSSD版が登場。しかもThunderbolt搭載モデルもラインナップ!

先日、フリスクみたいなデザインのモバイルSSDを紹介しましたが、今度は人気のMobile Drive MgシリーズからSSD搭載モデルが発売されています。 Mobile Drive Mg・・・

Google Adsense

Twitter

@ZOROLOG

Archives

Amazon

バリューコマース