Xmarksを導入すると増え続ける「未整理のブックマーク」を撃退する方法

未整理のブックマーク

仕事やプライベートで複数のMacやWindowsを使うので、ブックマークの同期にはXmarksを使ってます。

異なるOSやブラウザでもブックマークを同期できるのでめちゃくちゃ重宝してるけど、

「未整理のブックマーク」という名前の空のフォルダが無限増殖してしまう

という難点があって、これをどうにか解決したかったので対処法を探ってみました。

そもそもXmarksてなに?

Xmarks

異なるOSやブラウザ間でブックマークを同期できる無料のクラウドサービス。例えば自宅で使っているMacのFirefoxと会社で使っているWindowsのChromeでブックマークを同期させることができます。

プロファイルと呼ばれる機能を使えば、仕事用とかプライベート用といった感じで環境に合わせてブラウザに同期させるブックマークを分けられるのも特徴。

iPhoneをはじめとするスマホアプリもリリースされているものの、1年間12ドルの使用料を支払ったプレミアムユーザー用なので僕はアプリを使わずに

XmarksとMacのsafariを同期させ、さらにiCloudでMacのsafariとiPhoneのsafariのブックマークを同期させて使ってます。

iPhoneのsafariでXmarksのサイトにアクセスしてクラウド上のブックマークを閲覧することもできるので、アプリを使わなくても不便と感じたことはないです。

Xmarks | Bookmark Sync and Search

Xmarks for Premium Customersカテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料

「未整理のブックマーク」が自動的に作られてしまう理由

Books

photo credit: LC conversion via photopin (license)

OSを問わずFireFoxには削除や移動ができない「未整理のブックマーク」という特殊なフォルダが存在します。

この「未整理のブックマーク」はFirefoxだけにあって他のブラウザには存在しないものなので、Xmarksが「未整理のブックマーク」を「通常のフォルダ」と認識し、クラウド上に「未整理のブックマーク」を生成してしまうのが原因の模様。

結果的にXmarksと同期させているブラウザ全てに無数の「未整理のブックマーク」が自動的に作られてしまうのでとても邪魔くさいんですよね…。

未整理のブックマークを自動的に増殖させないようにする方法

COPY

photo credit: Copy Notices via photopin (license)

Xmarksが「未整理のブックマーク」の中が空だと「未整理のブックマーク」を「通常のフォルダ」と認識してしまうようなので、

「未整理のブックマーク」の中にブックマークを一つ置いておく(ブックマークするサイトは何でもよいです)

たったこれだけでOK。「未整理のブックマーク」が無限に増殖して困っている方はやってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です