定価は数百万。海外セレブがエルメスのバーキンをかっこよく”裏持ち”する理由。

hermes_birkin_1

エルメスを代表するバッグの「バーキン(BIRKIN)」。海外セレブを中心にバーキンの持ち方に”ある変化”が見られるようです。

ヒントは

定価は?海外セレブが持ち方にもこだわるエルメスのバーキンってどんなバッグ?

1984年、第5代社長のジャン=ルイ・デュマ=エルメスが、航空機の機内でたまたまイギリス出身の女性歌手ジェーン・バーキンと隣合わせになり、彼女がボロボロの籐の籠に何でも詰め込んでいるのを見て、整理せずに何でも入れられるバッグをプレゼントさせてほしいと申し出たエピソードに由来する。なおバーキンの原型は上述のオータクロアであるが、今やオータクロアをはるかに凌ぐ人気である。

簡単にいうと歌手のジェーン・バーキンのためにエルメスが特別に作ったバッグがバーキン(Birkin)ということになります。海外セレブや日本のモデル、女優さんや安室奈美恵をはじめとするアーティストにも人気のバッグで、同じくエルメスのケリーやバーキンの原型であるオータクロアを凌いで

人気、知名度、価格ともに最高級のバッグ

といっても過言ではありません。偽物も多く出回っていることもあってバーキンぽいバッグを持っている人を見かけても

なぜか本物な感じがしない

という不思議なバッグでもあります。

定価が高額なエルメスのバーキン。一般庶民は持てる?

クレジットカード

Photo credit: cafecredit on Visualhunt / CC BY

エルメスのバーキンは日本国内で買うと定価100万円以上、クロコダイルなんかの高級素材を使ったものになると

数百万円はしますね。

ただ高いだけのバッグなら世の中にたくさんありますが、老舗エルメスのバッグならこのぐらいの金額を払っても

一生使える

と考えれば、安いのかも知れません。

エルメスのバーキンに持ち方なんてあるの?”裏持ち”するってどういうこと?

今、海外セレブを中心に流行しているのがバックルが付いたバーキンの表側ではなく反対側の裏面を見せて持つ、

いわゆる「裏持ち」。

ストリートスナップを見ても確かに「裏持ち」をしている人が多く存在してて、こっちのほうが

これみよがしでなくてかっこいい

という感じもします。

写真は持ってるバーキンの大きさがすべて違うんですが、バッグとしての完成度が高いからか大きさが変わってもバッグ全体のバランスに違和感を感じないのもバーキンのすごいところ。 

持ち方は自由だ!エルメスのバーキンが”裏持ち”される理由

海外セレブのような大金持ちが定価数百万のバーキンを持ってても

普通過ぎて自慢にもならない

ので、あえて”裏持ち”することでエルメスのバーキンであることをアピールしないような意図があるんじゃないかと思います。セレブ的には、

主役はエルメスのバーキンじゃなくてワ・タ・シなのよ!

ということですね。

まぁ、一般庶民にはバーキンを”裏持ち”するかどうかという持ち方以前に

バーキンを買うという金銭的に高いハードルをクリアする必要があることは言うまでもありませんが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です